のりこネット トップページに戻る
議会レポート45号 ( 2007.3.6)
のりこのりこ市議会だより
■ 3期最後の一般質問 「環境問題」を中心に
3月9日(金)午後2時頃からのりこ登壇!市役所8階議場
1.新年度予算における環境への取り組みについて
市制101年目の「予算大綱説明」で、「豊橋には限りない可能性と活力がある。それらを引き出し、新たな市民主体、地域主体のまちづくりを進めることが行政としての役割、未来への責任」と明言された。各論段階として「環境」面への言及が弱い。
環境問題は現在及び将来にわたる重要課題である。
「日本一住みよいまち」をめざす市長の考える環境政策について「市民」「協働」「安全・安心」「活発」を中心に伺いたい。
市長のリーダーシップによって環境問題は解決に向けた一歩となります。市民の前に立ち、市民の健康と環境を守る市長の決意を引き出します!
2.資源化センター新型炉5ヵ年の稼動検証と今後の諸課題
(1) 新型炉導入決定から今日にいたるまで、市長が果たしてきたと考える「市民への責任」とは何か、また、今後も「新型炉」が担い続ける環境行政上の課題をどのようにとらえているか。
(2) 「ごみの持つエネルギーによる安定稼動」の先進的システムが「灯油投入」で解決されずに残る問題についての認識
(3) 新型炉が「高効率ごみ発電」装置を兼ねる上での、売電、買電、蒸気の収支バランスについて
(4) 高温溶融炉と重金属等の関連について
(5) 「確認事項覚書」の見直しにより、今後15年間の安全・安定稼動の継続を担保するための課題
1万人反対署名(98年)による皆さんの声は「世界初大型新型炉」の契約に大きな影響を与えました。現場職員の力でごみ処理は滞ることなく続いています。議員活動の10年をかけた新型炉更新問題の発端から振り返り、質問を通して、財政負担と環境負荷軽減に向けて徹底した検証を行ないます。
3.「フェロシルト」搬入計画と豊橋市の産廃問題の諸課題
(1) 社会的な問題である「フェロシルト」に対する市長の認識について
(2) 「日本一住みよいまち」をめざす豊橋と「フェロシルト」搬入問題の整合性
(3) 「安全で安心なまち」をめざす豊橋市に有害物質を含む「フェロシルト」が搬入されることに対する市民への説明責任について
(4) 「フェロシルト」問題に見られる法制上の不備と今後の課題について
(5) 総代会、関連住民組織、住民、市民の学習権に対する行政の責務について
いかに「合法」でも、「問題が解決されていないフェロシルト」はNO!
豊橋市にフェロシルトを運び込ませない!市長も、市役所も、市民も一丸となって豊橋市の環境を守るために立ち上がる時。フェロシルト騒動から見えてくる「リサイクル」の問題を、徹底議論します!
■ のりこネット地域活動 (06年秋~冬)
豊橋市公会堂にて
デーケン先生&高橋まりさんの講演会にて「地域ホスピス」への思い、さらに強く。
女性会館にて
お話を語る楽しみ、今年も実現しました。
豊橋勤労福祉会館前にて
林空山さんの作品(南栄ふれあいセンターで石田鈴代夫人の前でパフォーマンス)を石田事務所へ送る前に。
豊橋市役所1階ロビーにて
知事選挙で石田芳弘さんを応援。勝手連として参加し、「民主主義」を学んだ5ヶ月間でした。
◆3月市議会日程◆
・すべての会議が傍聴できます。
・詳細は7階議会事務局へどうぞ。(電話:0532-51-2922)
●:8階議場、○7階委員会室
1日 (木) 13時~ 本会議「予算大綱説明」
7日 (水) 10時~ 代表質問
8日 (木) 10時~ 一般質問
9日 (金) 10時~ 一般質問<のりこ登壇>
12日 (月) 10時~ 予算特別委員会
13日 (火) 10時~ 本会議
予算特別委員会
15日 (木) 10時~ 予算特別委員会
16日 (金) 10時~ 予算特別委員会
19日 (月) 10時~ 予算特別委員会
20日 (火) 10時~ 予算特別委員会
22日 (木) 10時~ 予算特別委員会
23日 (金) 10時~ 予算特別委員会
26日 (月) 常任委員会
28日 (水) 10時~ 本会議(最終日)
このページの先頭に戻る
トップページに戻る
掲載の記事・写真の無断転載は御遠慮ください。